So-net無料ブログ作成
検索選択

日々の食事が花粉症に与えるまさかの影響! [花粉症対策]

日々の食事が花粉症に与えるまさかの影響!







花粉の時期が来てしまいましたね。

今年の飛散量は例年より多いとテレビで言われてますね。
まだなっていないという人も油断は禁物です!


怖いことに、誰でも起こりうるのが花粉症です。

毎年のように「去年の○倍の飛散です」と報道されていますので、
10年前から考えると100倍くらい飛散しているかもしれません。


アレルギー体質とは関係なく、ある程度の花粉を体に蓄積し、
許容量を超えてしまうと花粉症を発症することがあるのです。

そのほかにも疲れや睡眠不足による免疫低下から発症してしまうことも。

でも、この日本に住む以上、花粉と共に生活をしていかなければなりません。
そこで、簡単に「食」の観点から花粉症対策を考えていきたいと思います。









<良いもの>花粉症にはポリフェノールが◎

花粉症に効く栄養素として、最近、「ポリフェノール」が注目を浴びています。

色々あるポリフェノールのなかでも共通しているのは、抗酸化作用があること。
このポリフェノールのもつ強い抗酸化作用が、花粉症に効果があるのです。


まず思いつくもので、代表的なのが「赤ワイン」「ぶどうの皮」。
そのほかにもポリフェノールを含む食品として、
たまねぎ、大豆製品、そば、緑茶などがあります。


大豆は、ダイエット製品としても効果ありますので、
納豆、豆腐、豆乳などをたくさん摂取すると一石二鳥ですよね。


また、ポリフェノールのほかにも「ビタミン」や「ミネラル」を
意識的に摂取することが大切です。


これには、免疫機能を正常に保ってくれる働きがあるのです。
朝食に、フルーツサラダ、味噌汁に海藻を取り入れるなどの工夫で、
摂取することができます。


要注意なのは、○○党な人。
続きは後半で♪






↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


<注意>甘党、辛党の人は要注意!

糖分をたくさん摂取することで、炎症を起こしやすくなると言われています。
この時期に甘いものを食べるのはとっても危険です。


また、ダイエットの為と唐辛子をたくさん食べるのも危険です。
唐辛子などの強い香辛料には、粘膜の毛細血管を刺激し、
鼻水が出たり、炎症がひどくなる可能性があるのです。


こうやって考えると、
花粉症とは関係なく、日頃、気を付けるべきことばかりですね。


もしかすると、普段から食生活に気を使っている人ほど、
花粉症の症状は軽いのかもしれません。


花粉症から身を守るためには、普段の食生活を「和食」メインにしてみたり、
ちょっとの工夫で、とても健康的な食生活につながるかもしれません。


これを機に、普段の食生活の見直しをしてみてはいかがでしょう。

以上、「食」の観点から考える花粉症対策でした。








↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



<花粉症に効くとウワサの記事はこちら♪>


飲んだら悪化!?間違いだらけの4つの花粉症対策…あなたは大丈夫?
http://bit.ly/13PhmmK


<重要>花粉症患者が今すぐ病院へ行くべき3つの理由
http://bit.ly/ZtQEcu


今すぐできる!鼻水をたった3秒で止める方法
http://bit.ly/13PfF8V 


あなたは何個実践してる?花粉症によく効く掃除のコツ!
http://bit.ly/13PlfYJ






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。